2011年02月17日

大行寺

ゆっくり見仏 京都@大行寺〜佛光寺

京都非公開文化財特別公開が11月3日〜11月14日というほんの短い期間、
行われるとう情報をキャッチ

ならばということで、今回は買い物ついてでに行ける、四条界隈の都心の寺院である
大行寺と佛光寺を訪れることにしました。

拝観料は一ヶ寺につき¥800なんですが、皆さんはどう思われます?
このお値段。
私はちょっと高すぎると思うけどな〜
もうちょっと安くして多くの人に来ていただく方が・・・

それでなくても拝観料って高いと思うから
拝観料貧乏になるぅ

さて、こちら大行寺は浄土真宗佛光寺派のお寺で普段は通り過ぎてしまう(実際通り過ぎてました^^)
ぐらい小さなお寺なんですが、
なんとご本尊は快慶晩年作の阿弥陀如来様ということ。

とても穏やかでお優しいお顔をしておられました。

OKサインをしていらして、何だか色っぽい指にも眼がいきました。
親指と人差し指で輪を作っておられたので下品上生(げぼんじょうしょう)という印相(いんぞう)
でしょうか?う〜〜ん、印相って諸説があって難しいなぁ。


阿弥陀様がお迎えに来てくださると思うと安心して極楽に行けますね。

後、こちらには珍しい佛足跡があるんですよ。
境内に入ると眼に飛び込んでくるお庭にある佛足跡です。
佛足跡ってお釈迦様の足型ですよね〜^^大きい

こちらの佛足跡は大行寺系と呼ばれ
左右の足の指に卍の模様があって珍しいそうです。

お釈迦様の足裏って偏平足だけど、(←失礼?^^)とてもおしゃれ。
一つ一つの図柄にも意味があって面白いです。


現在のは復元されたもの

境内にあった仏石跡の断片

こじんまりとしたお庭には水禽窟が・・・
信楽焼きだそうです。

水禽窟の澄み切った音色に耳を傾けながらお茶を頂きました。

そうそう、全く関係ない話ですが、こちらのお寺、有難いことに床暖房がついていて足元もぬくぬくでした。
底冷えのする寒い京都の冬の観光にももってこいですね。

てくてく
すぐ傍の佛光寺に向かいます
今まで、この近所の天ぷら屋さんに何度となく通ったことはあったのですが、
佛光寺に伺うのは初めてなんです。
こちらが真宗佛光寺派の本山

広い境内

本堂(阿弥陀堂)
中は絢爛豪華

聖徳太子立像
美豆良(みずら)に結った髪といい、艶のある肌^^
理知的なお顔立ちに惚れ惚れします
右手にはシャク 左手に柄香炉(えごうろ)を持っておられるんですって。
16歳でこの落ち着きはさすがですね。
こちらの聖徳太子様には是非生で会われることをオススメします。

他、七高僧の木造も安置されていました。

大師堂(御影堂)
親鸞聖人のご真影

今回のこの非公開文化財の特別公開は毎年、春と秋の年二回行われるようですが、
短い期間のため、気づいた時には終わってた〜ってことになりそうですね。
常に情報のアンテナ立てとかないとダメですね。




posted by くるみ at 19:05| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。