2010年10月21日

てくてく宮城

まったり温泉@宮城 立石寺〜遠刈田温泉 そのA

おはようございます
あ〜よく寝た(ε_ε)~

本日は昨日の雨もあがって太陽が顔を覗かせてくれました。
雨だったら中尊寺へ、晴れてたら立石寺へ行こうと思っていので、
立石寺に決定!!

その前に、腹ごなし
って、昨日あれだけ食べたのに?(笑)

朝からすごいボリュームです

手作り豆腐
なめらかぁ〜

銀鱈
絶妙なお味

芋煮

蔵王のお野菜

うーめん

釜で炊いたひとめぼれ

フルーツ

どれも絶品
代は満足じゃ〜

湯主 一條さん、お世話になりました。
文句なしの☆☆☆☆☆です。


鎌先温泉から山形市の立石寺までは車で1時間ぐらい

良い天気だなぁ。

稲刈りの後の畑
ゆっくり休憩しているようです。

山寺の〜ポンポンポン〜和尚さんが〜ポンポンポン♪♪♪
毬(まり)はけりたし 毬はなし♪♪
って、てっきりこの山寺のことかと思っていましたが、違うみたいですね。
まぁ〜そんなことはさておき・・・

見えてきました、深い緑に覆われた山寺が!!
白っぽい岩肌がところどころに見え、その断崖絶壁の岩肌にしがみつくように立つお堂
すごい景色です。
山全体が境内なんですね。
よくこんな場所にお堂を建てたなぁ。

まずは、登山口まで歩きます
玉こんにゃくが美味しそう〜♪

登山口

根本中堂
比叡山延暦寺から分火された不滅の法灯があるんですね。
比叡山が信長に焼き討ちされて、焼失したときは、逆に立石寺から分火されたらしいので、
深い繋がりを感じずにはいられません。
頂いた御朱印にも「法灯不滅」とありました。


お堂の真ん中でこんな福福しい招福布袋さんがお迎えしてくださいました。
もちろん、お腹を撫でてしまいますよね。

根本中堂を後にして、山門に向かいます

日枝神社

境内にある大イチョウ
生命力を感じるなぁ〜

亀の甲石
小銭に名前を書いて供え置けば、願いが叶うとか・・・

特定のお願いがある場合は、図を参考にして小銭を置くらしく
最近、乾燥お肌が気になる私は皮膚という項目を見つけ、
一番下の辺りに置いてみました。

御神輿殿を通り過ぎ

芭蕉さんこんにちは

てくてく

念仏堂が見えてきました。
参拝者も修行が出来るみたいです。

鐘楼

山門
大仏殿のある奥の院までは、石階段が800余段
一段登っていく度に煩悩が消えていくとされています。

ほとんどの方が山門をくぐるなか、私はそのまま下山口へ
ここまで来て、五大堂に登らない人が居るのかぁ〜って驚きの声が聞こえてきそう。
はい^^います、ここに。
煩悩が減るどころか増えたかも(笑)

抜苦門(ばっくもん)
石段登ってないけど、この門をくぐっただけでご利益頂けた気が・・・^^

羅漢像

立石寺本坊の白猫ちゃん
「猫タクシー」の御子神(みこがみ)さんみたいで神々しく見える
不思議だなぁ〜

神楽岩の前を通り過ぎ

対面石(たいめんせき)の前まで戻ってきました。
この大きな岩に左手をあてて願いを込めれば、良いことに対面出来るらしいです。

さ〜無事に下山出来た(←えっ?登ってないって?^^)ことだし
名物の板そばを頂くことに・・・
関西人なので蕎麦の味はいまいちよくわかりませんが・・・普通でした(笑)

宝珠山 立石寺
山号の「宝珠山」は境内に莫大な財宝が埋められたと伝わることに由来するらしいです。
えっ!!埋蔵金があるかも!!
なんて思う私はほんと煩悩だらけですね

修行は続く・・・
posted by くるみ at 15:07| Comment(0) | 仙台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。