2010年10月17日

てくてく散歩@宮城

まったり温泉@宮城 白石城〜神明社〜鎌先温泉 その@

宮城県白石市にある白石城に行ってきました。
なんでも、戦国武将ゲームの「片倉小十郎」人気でプチ?ブームになっているとか。
うぅぅ〜む、戦国武将かぁ〜全くもって疎いんです><

仙台=伊達政宗という初心者レベルの私・・・
聞くところによると、小十郎さんは伊達政宗の右腕、敏腕武将だったそうです。

お城に登るなんて何年ぶり?^^
案内板に随って、登城と参りましょう〜

「俺が行かずば 誰が行く」
うわぁ〜かっこよすぎる!!
この言葉だけで惚れてしまいそう。

てくてく

本丸の石垣が見えてきました。

まずは、右手にある歴史探訪ミュージアムでチケット購入です

立体ハイビジョンシアターがやっていましたが、残念ながら時間が合わず・・・
見られませんでした。
後から、聞いた話によるとこのシアターかなりお勧めらしいです。
皆さんはお見逃しないように・・・

下の売店では、こんな可愛い小十郎くんこけしが^^

雨が降っていて、お腹が冷えたか???
失礼して、ちょっと厠(かわや)へ・・・

すっきりしたところで
いよいよ、城郭の中へ

まずは一つ目の門をくぐります。

次に、大手二階門

そこには
満開の萩の花
宮城の県花って「ミヤギノハギ」なんですって
へぇぇぇ〜^^

本丸御殿跡が広がっていました。

綺麗なフォルムですね〜♪

石段を登って城内へ


こちらの天守閣、木造三階建てで御三階櫓(ごさんがいやぐら)というらしく、
平成7年に青森ヒバなどを国産木材で忠実に再現されたんですって。
とっても新しいですが、自然の木のぬくもりと香りが落ち着きます。

甲冑試着もやってましたよ。
歴女?戦国武将好き?な女性二名がちょうど試着中でした。
私も時間があればやりたかったなぁ。

「石落とし」

「狭間(はざま)」
この小窓から外を伺ったり、矢や鉄砲を用いて敵を攻撃したんですね。

階段はかなり急です。

天守閣三階から本丸跡を望みます
雨が降っているので景色は悪うございました。

ふと、別の方向から下に目をやると、森の中に神社の明かりを発見
引き付けられるものを感じて行ってみることに。

白木作りのシンプルな鳥居

足の太いユニーク顔の立派な狛犬さんが4体で迎えて下さいました。


燈籠の字体が素敵

拝殿前の神社山門は伊勢神宮の第60式年遷宮で解体された内玉垣御門の一部を下賜せられた
ものだとか。


こちらの建築様式は「唯一神明造」と呼ばれる伊勢神宮と同じ建築様式
身近には神明造の神社がないので、プチ伊勢神宮に参拝出来たような気分です。
全国各地にある神明社って伊勢神宮の内宮あるいは外宮を分霊したものだとか。
そうだったんだぁ〜
勉強になりました。

天照大御神を祭神とされているためか、正面に鏡が・・・


パンフレットによると
皇族、首相経験者らが書かれた御筆、いわゆる揮毫(きごう)が奉納されているんですって。

雨が降っていたことも重なって、その凛とした澄んだ空気感、がとても清清しく、
心浄化されたような気がします。
まさに内なるパワを頂けたようです。

智勇向上のお守り

絵馬もかっこいい!!
ご利益ありそう。

雨がひどくなってきて、暗くなってきたので武家屋敷は次回の楽しみにとっておくことにして
今夜の宿泊先である鎌先温泉 湯主一條へ

ノスタルジックな雰囲気で古さと新しさがいい具合にマッチしている
素敵なお宿

中でも温泉の薬湯とお料理は素晴らしかったです。
文句なしの☆☆☆☆☆


大正ロマン溢れる個室料亭でのお食事


先附

前菜

お造り
生もの苦手な私に、火を通したお料理を作ってくださいました。


焼物

鍋物

ご飯

水菓子

どれも、見た目の美しさもさることながらお味も絶品でございました。


あ〜〜お腹一杯食べ過ぎたぁ〜
おやすみなさい(  ̄∂ ̄)。。ooOO











【関連する記事】
posted by くるみ at 21:00| Comment(0) | 仙台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。