2010年09月21日

仏像修理100年 至宝の仏像展

今年の暑さは異常でしたね。
滋賀県で35度を超えるなんてまぁ〜無かった気がしますが・・・
連日の暑さの影響ですっかりお尻が重くなってしまい、
仏様にお会いできず、寂しい日々が続いていました。

朝晩少し秋めいて空も高くなってきた今日この頃。
仏欲も急浮上してきて、本日、久しぶりに奈良国立博物館に行って参りました。

近鉄奈良駅を降り立つと、行基様がいつもお出迎えして下さいます。

奈良の鹿さんは自然に風景と溶け込んでいますよね。


7月21日に本館が名前を「なら仏像館」と改め、スポット照明も仏像が更に美しく見えるようにと更なる配慮がなされたとのこと。
まさに仏像界の聖地としてリニューアルされたということですね。

仏マニアとしては至極の喜びです。

まずは新館からの見学です。


仏像修理100年と題して、特別展が開催されています。

その中から印象に残った物を・・・

国宝の雲中供養菩薩像(平等院)
動きがあってとても美しい
52躯のうち、28躯が楽器を持っているんですね。

有名な仏像の模造もあり、法隆寺の百済観音立像は現状のままに・・・
阿修羅立像はびっくりするほど色鮮やかに蘇っていました。

大阪 観心寺の如意輪観音坐像の模造もとても綺麗で伏し目がちな目がとても色っぽいお方でした。
是非、実物にお会いしたいものです。
三大如意輪様ですものね。

今回、とても心に残ったものが、大分県臼杵市の磨崖仏郡の中の
「古園(ふるぞの)石仏」です。
地震で落下した大日如来様の頭部を元に戻すというものです。
修理されて、首がつながったという気はしますが、
頭部だけの如来さまというのも、しのびないようではありますが、
石仏なので頭部だけというのもありなのではないかと個人的には思います。

仏像修理の細かい事はよくわからないので、修復師さんにおまかせします(笑)

大遣唐使展の時は、人が多すぎてゆっくり見学出来ませんでしたが、
今回は比較的人もまばらで、途中、ボランティアガイドさんと如意輪観音様のお話に花が咲いたりして楽しい時間を過ごせました。

さて、次はいよいよ本館へ

いよいよ、本館に突入です。

本館は重厚な洋風建築で建物自体も素晴らしく、落ち着いた感じで雰囲気抜群なんです。
中に入ると以前よりかなり照明を落としたんでしょうね・・・
仏像が美しく浮かび上がるようにスポットライトがあたっていました。

お堂の中の仏像とは又違った趣です。

今回、特にグッときた仏像さまをいくつか紹介します。
ショップで図録を購入(1000円)したのでそこから写真をコピーさせてもらいました。
余談ですが、この図録はお買い得でした。
この内容でこの値段とは!!
ポストカードを買うよりいいですね。

○ 滋賀 園城寺 千手観音菩薩立像
         豊満なとても安定感のあるお身体をされています。
         伸びる腕も太短くて近所のおばちゃん風なお姿(←失礼ですね^^)に
         親近感を覚えました。
         
○ 奈良 新薬師寺 十一面観音菩薩立像
          第一印象、室生寺の十一面観音さまと光背を含め雰囲気が煮ているというこ           と。                                           室生寺の仏様はとても好きなので、引き寄せられるようにこの仏像さまに目が          いってしまいました。

○ 奈良 金竜寺 菩薩立像
         思わず、こちらも笑顔になってしまう仏さまです。
         頭でっかち足短のアンバランスさがいい!!

○ 滋賀 長命寺 地蔵菩薩立像
         水晶製の宝珠を持っておられ、とても若々しい、美しいお顔のお地蔵様
         X線によって、頭部には舎利容器を、身体には小さな地蔵菩薩像をぎっしりと納         めているらしいです。 

○ 滋賀 園城寺 不動明王坐像
         光背のかるら炎光がとても印象的でした。

○ 奈良 東大寺 十二神将立像
         申年なので、申神についつい目が・・・
         なんとも可愛いらしい申が頭の上に

○奈良国立博物館 五大明王像
         蔵王権現のように片足を上げている軍茶利明王が躍動感があって私好みです。

○奈良 法華堂 阿形 吽形
        3メートルを超えるまさに巨像で飲み込まれるかもという凄みがあります。
        迫力満点
        髪を逆立て、憤怒相の阿形像と目があ合った瞬間、大きな愛のパワーを感じまし         た。
 

なんと言っても、今回の目玉はやはり金剛力士像でした。

今回も、「至宝の仏像」の数々、堪能させて頂きました。
「なら仏像館」さん、今後も素晴らしい仏像さまとのご縁をどうぞお導き下さい。

お土産に購入した天女のクリップ           
posted by くるみ at 18:56| Comment(0) | 奈良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。